ピンボール日報

その他

北カスピ海沖合鉱区(カシャガン油田ほか)

契約地域(鉱区) 作業状況 事業会社(設立) 権益比率
北カスピ海沖合 生産中 (株)INPEX北カスピ海石油
(1998年8月6日)
同社 7.56%
Shell 16.81%
Eni 16.81%
ExxonMobil 16.81%
TotalEnergies 16.81%
CNPC 8.33%
KMG 16.87%

当社は、1998年9月にカザフスタン北カスピ海沖合鉱区の権益を取得しました。同鉱区内のカシャガン油田は、カザフスタン共和国アティラウ市から南東約75キロメートルのカスピ海域上、水深3~4メートルに位置し、2016年10月より原油の出荷を開始しています。当初の目標であった生産日量37万バレルを達成し、現在は、生産日量45万バレルを目指し作業を継続しています。

地図:北カスピ海沖合鉱区(カシャガン油田ほか)
海上施設

ACG油田

契約地域
(鉱区)
作業状況 生産量* 事業会社(設立) 権益比率
*オペレーター)
ACG 生産中 原油:平均日量41.5万bbl (株)INPEX南西カスピ海石油
(1999年1月29日)
同社 9.31%
*BP 30.37%
MOL 9.57%
SOCAR 25.00%
Equinor 7.27%
ExxonMobil 6.79%
TPAO 5.73%
伊藤忠商事 3.65%
ONGC 2.31%
  1. ※全鉱区ベース、2022年1⽉〜12⽉の平均⽇産量

当社は、2003年4月にアゼルバイジャン南カスピ海沖合のACG(Azeri・Chirag・Gunashli アゼリ・チラグ・グナシリ)油田の権益を取得しました。現在、チラグ、アゼリ中央部・西部・東部、グナシリ深海部及びチラグ西部より原油生産を行っており、2021年9月に原油の累計生産量が40億バレルに達しました。現在、2023年の新規プラットフォームからの生産開始に向けて、開発作業を実施中です。

地図:ACG油田
海上生産施設

BTCパイプラインプロジェクト

契約地域
(鉱区)
事業会社(設立) 権益比率
*オペレーター)
BTCパイプラインプロジェクト INPEX BTC Pipeline, Ltd.
(2002年10月16日)
同社 2.5%
*BP 30.1%
Azerbaijan( BTC) Limited 25%
MOL 8.9%
Equinor 8.71%
TPAO 6.53%
Eni 5%
TotalEnergies 5%
伊藤忠商事 3.4%
ExxonMobil 2.5%
ONGC 2.36%

BTCパイプラインは、カスピ海沿岸のアゼルバイジャンのバクー(Baku)を起点とし、トルコのジェイハン(Ceyhan)に至る総延長約1,770キロメートルの原油輸送パイプラインで、2006年6月より本格稼働しています。輸送能力は日量120万バレルで、主にアゼルバイジャンのACG油田で生産される原油を輸送しています。

地図:BTCパイプラインプロジェクト
出荷ターミナル
出荷ターミナル